令和2年度輸送の安全に関する公表

 

 

 

 株式会社朝倉自動車は、令和2年度運輸安全マネジメントに関する取り組みについて、次のとおり輸送の安全に関する公表を行って

おります。

 

 1.輸送の安全に関する基本的な方針

(1)経営者は、輸送の安全の安全確保が事業経営の根幹であることを深く認識し、社員に輸送の安全の確保が最も重要で

あるという意識を徹底させ、また、社内において輸送の安全の確保に主導的な役割を果たします。

(2)運輸安全マネジメントを確実に実施し、全社員が一丸となり業務を遂行することにより絶えず輸送の安全性の向上に努めます。

(3)輸送の安全に関する情報について、積極的に公表します。

 

 2.輸送の安全に関する事故削減目標及び当該事故削減目標の達成状況

 

重大事故

交通事故

内   訳

目標

実績

目標

実績

平成30年度

0件

0件

7件

7件

人身0件 物損 7件

平成31年度

0件

0件

5件

 6件

人身0件 物損 6件

令和02年度

0件

 

5件

 

 

  *1.重大事故は、自動車事故報告規則第2条に規定する事故をいう。

  *2.交通事故は、重大事故を除く有責・無責の全ての事故をいう。

 

  3.安全管理規定   別掲「安全管理規定」の通り。

 

4.輸送の安全のために講じた措置

   デジタルタコグラフによる運行の記録・保存、ドライブレコーダーの装着、車両フラツキ・車間距離警報装置の装着、

衝突被害軽減ブレーキシステムの設置、シートベルト着用についての出発前のアナウンス強化。

配車場所・休憩場所・見学場所等における乗降時の安全確保の徹底(園児・児童・高齢者等)。

Eラーニング方式の乗務員教育システムの導入(運転者への安全に対する指導教育をより効率良く確実に行うため)

 

 5.輸送の安全にかかわる情報の伝達体制その他の組織体制  別表の通り。

 

6.輸送の安全にかかわる教育及び研修の実施状況

 

  (1)運転者教育・研修

    初任運転者研修、適齢運転者研修、現任運転者研修及び初任、適齢、現任運転者に対する関係法令の遵守等の教育の

実施し輸送の安全確保に向けた意識の向上を図ります。また救命措置実習への参加や冬季タイヤチェーン講習を実施しています。

  (2)管理者教育  運行管理者講習、整備管理者講習、運輸安全マネジメントセミナー等

(3)外部機関主催の研修を導入し、より安全な運行のために技術の向上を図ります。全運転者の適性診断受診

 

 7.輸送の安全にかかわる内部監査の結果並びにそれに基づき講じた措置

 

   重大事故及び災害が発生した場合及びその他必要と認められる場合には輸送の安全に関する内部監査を実施します。

その際は運行管理をはじめ労務管理、関係法令、社内規定に照らし、適切に処置されているか監査し、改善すべき事項が認められ

た場合は、安全統括管理者は経営者へ報告するとともに必要な方策を検討し措置を講じます。

経営者は安全統括管理者・運行管理者・整備管理者を招集し安全運行会議・運輸安全マネジメント会議を行い、安全管理の自己

チェックを確認し今後の取組計画を決定します。

また、全従業員と情報の共有を常に行い、輸送の安全に努めます。

 

 8.安全統括管理者  営業所長 金沢 正博

  

             

令和2年3月30日

株式会社 朝倉自動車

代表取締役 八木 正